Bybit(バイビット)の本人確認(KYC)のやり方|本人確認できない原因も解説

この記事で分かること
  • Bybitの本人確認(KYC)のやり方
  • Bybitで提出可能な本人確認書類
  • Bybitの本人確認完了後にできること
  • Bybitで本人確認できない原因と解決策

結論、Bybitの本人確認は最短15分でスピーディーに完了します。

しかし、正しい手順を踏まないとエラーが出てしまい、本人確認がいつまでも終わらないことに・・・。

この記事を読めば、本人確認のやり方はバッチリ!

Bybitの本人確認をスムーズに終わらせたい方は、ぜひ参考にしてください。

なお、Bybitのアカウントを持っていない方は、Bybitの口座開設方法を参考にアカウントを作成してくださいね。

目次

Bybit(バイビット)の本人確認(KYC)とは?

Bybitの本人確認(KYC)とは、アカウント保有者の情報を確認する仕組み。

本人確認は「レベル1」と「レベル2」があり、それぞれ認証方法が異なります。

なお、本人確認では個人情報の流出を心配する方もいますが、Bybitは以下のように明記しているので安心です。

Bybitでは、個人情報はプライバシーとセキュリティの確保のために、暗号化して保護しており、より良いサービスを提供するために身元を確認する目的のみに使用されます。個人情報を共有したり、マーケティングのために再利用することはありません。

Bybitのヘルプセンター

Bybitは本人確認(KYC)なしでも取引できる

Bybitは、本人確認なしでも仮想通貨の入金や取引ができます。

ただし、本人確認をしないと一部のキャンペーンに参加できず、資産運用プロダクトも利用できません。

資産運用プロダクトとは?
「ステーキング」や「流動性マイニング」などの資産運用関連サービスのこと。

また、何らかのトラブルでアカウントを紛失した場合、本人確認をしていないと復旧が困難です。

本人確認を完了するとアカウントが復旧されやすいので、リスク回避のためにも済ませておくのがおすすめです。

▲目次へ戻る

Bybitの本人確認(KYC)完了後にできること

Bybitの本人確認(KYC)完了後にできることを「レベル1」と「レベル2」に分けて解説します。

レベル1完了後にできること

本人確認レベル1の完了後にできることは、以下のとおり。

レベル1完了後にできること
  • 全キャンペーンへの参加
  • クレジットカード決済
  • 法定通貨の出金(日本円は不可)
  • P2P取引
  • サードパーティーの決済チャネル
  • ローンチパッド
  • ByVotes(現物)
  • Bybitステーキング
  • 流動性マイニング
  • デュアル資産投資
  • Shark in
  • ローンチプール
  • NFTの購入
  • マイ特典の取得
  • 1日100万USDT相当までの仮想通貨出金

本人確認レベル1を完了すると、上記のように多くの機能が解放されます。

たとえば、すべてのキャンペーンに参加できたり、ステーキングを利用できたりするのがメリット。

裏を返せば、本人確認レベル1を完了しないと利用できない機能が多いです。

機能制限によるストレスを感じたくない方は、本人確認レベル1を完了しましょう。

レベル2完了後にできること

本人確認レベル2の完了後にできることは、以下のとおり。

レベル2完了後にできること
  • 1日200万USDT相当までの仮想通貨出金
  • Bybitカードの発行

本人確認レベル2を完了すると、仮想通貨の出金上限額が1日200万USDT(約2億6千万円)まで引き上がります。

※2023年3月時点のUSDT/JPYレート

また、Bybitカードを発行するためにも本人確認レベル2が必要です。

Bybitカードとは?
Bybitアカウント内の法定通貨や仮想通貨で支払いができるデビットカード。
世界9,000万以上のMastercard加盟店で利用できます。

2023年3月現在、Bybitカードを発行できるのはイギリスと欧州経済領域(EEA)の国のみで、日本居住者は発行できません。

ただし、将来的には日本居住者もBybitカードを発行できるようになる可能性があります。

▲目次へ戻る

Bybitで提出可能な本人確認書類

Bybitで提出可能な本人確認書類を紹介します。

本人確認レベル1で提出できる本人確認書類は、以下のとおり。

レベル1で提出可能な本人確認書類
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 在留許可証

提出する書類は上記のいずれか1つで問題ありません。

また、本人確認レベル2では「住所を確認できる書類」を提出します。

提出可能な住所確認書類は、以下のとおり。

レベル2で提出可能な住所確認書類
  • 公共料金の請求書
  • 自治体発行の住民票
  • 正式な銀行取引明細書
  • インターネット・ケーブルテレビ・家庭用電話回線の請求書
  • 確定申告書
  • 固定資産税の請求書
  • 政府・自治体発行の居住証明書

上記の中から1つを提出すれば、本人確認レベル2の手続きを行えます。

ただし、3カ月以上前に発行された住所確認書類は無効になるので注意しましょう。

▲目次へ戻る

Bybitの本人確認(KYC)レベル1のやり方

Bybitの本人確認レベル1のやり方を、デバイス別に解説します。

  • PC・ブラウザでのやり方
  • スマホアプリでのやり方

PC・ブラウザでのやり方

STEP
「アカウント&セキュリティ」をクリック

まずは、マイページ上部のアイコンにカーソルを合わせて「アカウント&セキュリティ」をクリック。

STEP
本人確認ページを開く

本人確認の項目から「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

続けて、Lv.1の項目から「本人確認(KYC)を行う」をクリック。

STEP
本人確認書類の発行国と種類を選ぶ

本人確認書類の発行国と種類を選択しましょう。

選択後は「次へ」をクリック。

STEP
注意事項をチェック

アップロードに関する注意事項が表示されるのでチェックします。

内容に問題がなければ「次へ」をクリックし、本人確認書類の発行国と種類を再び選択してください。

STEP
本人確認書類をアップロード

続いて、カメラへのアクセスを許可します。

カメラが起動したら、点線の枠内に本人確認書類を収めて撮影ボタンをクリック。

撮影が完了したら「承認」をクリックして提出しましょう。

すでに撮影済みの写真をアップロードしたい方は「手動でアップロード」をクリックします。

アップロード欄が表示されるので、写真を選択してアップロードしてください。

アップロード後は「次へ」をクリック。

STEP
顔を撮影

続いて「準備完了」をクリックすると、顔の撮影が始まります。

フレーム内に顔を収めて、ゆっくり回転させましょう。

なお、顔認証が上手くいかない場合は、スマホで撮影するのがおすすめです。

「またはスマートフォンで続ける」をクリックするとQRコードが表示されるので、スマホで読み込んで顔認証を進めてください。

顔認証が終わると、本人確認レベル1の手続きは完了です。

審査はおよそ1時間で終わりますが、場合によっては最大48時間かかることもあります。

スマホアプリでのやり方

STEP
本人確認画面へ移動

OKXのスマホアプリを開き、ホーム画面左上のアイコンをタップします。

続いて「本人確認(KYC)」を選択し、レベル1の項目から「今すぐ行う」をタップ。

STEP
本人確認書類の発行国と種類を選ぶ

本人確認書類の発行国と種類を選択して「つぎへ」をタップします。

STEP
注意事項をチェック

注意事項が表示されるので、内容をチェックして「つぎへ」をタップしましょう。

STEP
本人確認書類を撮影

次に「続行」をタップし、本人確認書類の発行国と種類を選択します。

カメラが起動したら、本人確認書類を鮮明に撮影してください。

撮影画像に問題がなければ「書類は読み取り可能です」をタップし、本人確認書類をアップロードします。

STEP
顔を撮影

顔の撮影が始まるので、フレーム内に顔を収めましょう。

顔認証が終わると、本人確認レベル2の手続きは完了です。

審査は基本的に1時間以内で終わりますが、状況によっては最大48時間かかることもあります。

▲目次へ戻る

Bybitの本人確認(KYC)レベル2のやり方

Bybitの本人確認レベル2のやり方を、デバイス別に解説します。

  • PC・ブラウザでのやり方
  • スマホアプリでのやり方

PC・ブラウザでのやり方

STEP
「アカウント&セキュリティ」をクリック

Bybitのマイページにログインし、画面上部のアイコンから「アカウント&セキュリティ」をクリック。

STEP
本人確認ページを開く

本人確認の項目から「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

続けて、Lv.2の項目から「本人確認(KYC)を行う」をクリック。

STEP
ヒントを確認

住所証明に関するヒントが表示されるので、確認して「確定」をクリックしましょう。

STEP
住所確認書類をアップロード

「書類をアップロード」の欄をクリックし、住所確認書類の画像を選択してください。

「次へ」をクリックすると、本人確認レベル2の手続きは完了です。

審査は1時間以内には終わりますが、混雑時などは最大48時間かかることもあります。

スマホアプリでのやり方

STEP
本人確認画面へ移動

まずは、OKXアプリのホーム画面でアイコンをタップ。

「本人確認(KYC)」を選択し、レベル2の項目から「今すぐ行う」をタップします。

STEP
ヘルプを確認

住所証明に関するヘルプを確認して「今すぐ行う」をタップしましょう。

STEP
住所確認書類をアップロード

「続行」をタップしてカメラを起動します。

カメラが起動したら、住所確認書類が鮮明に映るように撮影してください。

もしくはシャッター横のボタンをタップすると、写真ファイルの中から画像を選択できます。

住所確認書類のアップロードが終わると、本人確認レベル2の手続きは完了です。

審査は1時間ほどで終わりますが、タイミングによっては最大48時間かかることもあります。

▲目次へ戻る

Bybitで本人確認(KYC)できない・エラーになる原因と解決策

Bybitで本人確認(KYC)できない・エラーになる場合は、以下の原因が考えられます。

  • アップロード画像が不鮮明
  • 無効なファイル形式を提出している
  • 住所確認書類の発行時期が古い
  • 別アカウントで本人確認(KYC)を完了済み
  • アクセス制限国に滞在している

それぞれの解決策を紹介するので、参考にしてください。

【原因1】アップロード画像が不鮮明

アップロード画像が不鮮明だと、審査に通りません。

アップロード画像が不鮮明になるケース
  • 書類が見切れている
  • 記載情報が指で隠れている
  • 画像が光で反射している

上記にあたる場合は、書類を鮮明に撮り直して再アップロードしてくださいね。

スクリーンショットやコピー画像をアップロードした場合も、審査に通りません。
必ず原本を撮影してアップロードしましょう。

【原因2】無効なファイル形式を提出している

Bybitの本人確認では、有効なファイル形式が決まっています。

有効なファイル形式
  • JPG
  • JPEG
  • PNG

上記以外のファイル形式は無効なので、必ず有効なファイル形式でアップロードしましょう。

ファイル形式を変更できない場合は、本人確認中に起動するカメラで直接撮影するのがおすすめです。

【原因3】住所確認書類の発行時期が古い

本人確認レベル2では、3カ月以内に発行された住所確認書類を提出する必要があります。

発行日から3カ月以上過ぎている提出書類は無効になるので、新たな住所確認書類を用意しましょう。

【原因4】別アカウントで本人確認(KYC)を完了済み

Bybitでは、1つのアカウントでしか本人確認はできません。

つまり、別アカウントで本人確認がすでに完了している場合、提出内容が正しくても審査は通らないです。

セキュリティの都合上、本人情報の移転・削除もできないので、本人確認が完了しているアカウントを使いましょう。

【原因5】アクセス制限国に滞在している

アクセス制限国とは、Bybitへのアクセスが制限されている国です。

Bybitは、以下の国をアクセス制限国として定めています。

アクセス制限国
  • アメリカ
  • 中国本土
  • シンガポール
  • カナダ(ケベック州・オンタリオ州)
  • 北朝鮮
  • キューバ
  • イラン
  • クリミア
  • セヴァストポリ
  • スーダン
  • ウズベキスタン
  • ドネツク
  • ルハンシク
  • シリア

上記の国および地域に滞在していると、本人確認はできません。

どうしても本人確認をしたい場合は、アクセスが許可されている国に移動しましょう。

解決しない場合はカスタマーサポートに問い合わせる

上記までの解決策を試しても解決しない場合は、カスタマーサポートに問い合わせるしかありません。

Bybitのカスタマーサポートに問い合わせる方法は、以下のとおり。

カスタマーサポートへの問い合わせ方法
  • オンラインチャットでメッセージを送る
  • 「support-jp@bybit.com」に問い合わせメールを送る

すぐに返信を受け取りたい場合は、オンラインチャットがおすすめです。

オンラインチャットは、ホーム画面の右下に表示されるチャット―マークを押すと利用できます。

Bybitでは、平日の9時から17時までは日本人スタッフが在籍しており、日本語で返信を受け取れるのがメリット。

日本人スタッフがいない時でも、他のスタッフが翻訳機を使って日本語で返答してくれます。

実際にBybitへ問い合わせたところ、日本語で返答を受け取れました!

▲目次へ戻る

【Q&A】Bybitの本人確認(KYC)でよくある質問と回答

最後に、Bybitの本人確認(KYC)でよくある質問に対して回答します。

Bybitの本人確認にかかる時間はどれくらい?

本人確認にかかる時間は、およそ15分です。

ただし、混雑状況によっては最大48時間かかるケースもあります。

本人確認をする予定がある方は、後回しにせずに早めに申請しましょう。

Bybitの本人確認レベル1ができない原因は?

本人確認レベル1ができない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 本人確認書類の画像が不鮮明
  • 画像のファイル形式が無効
  • 他のアカウントで本人確認を完了済み
  • アクセス制限国にいる

それぞれの解決策は下記の章で紹介しているので、参考にしてください。

>>本人確認できない原因と解決策

Bybitの本人確認はスマホアプリでできる?

はい、スマホアプリでも本人確認は可能です。

スマホアプリで本人確認を始めたい方は、スマホアプリでのやり方をご覧ください。

Bybitの本人確認で免許証やマイナンバーカードは使える?

はい、本人確認レベル1では「運転免許証」および「マイナンバーカード」を使えます。

一方で、学生ビザや就労ビザ、旅行ビザは使えないので注意しましょう。

Bybitの本人確認情報は修正・削除できる?

本名や国籍などの「法的な情報」に変更がない限り、本人確認情報は修正・削除できません。

そのため、本人確認が完了済みのアカウントがあると、他のアカウントでは本人確認ができないです。

Bybitは本人確認なしでも出金できる?

はい、本人確認なしでも仮想通貨を出金できます。

ただし、仮想通貨の出金上限額を引き上げたい場合は、本人確認レベルを上げる必要があります。

スクロールできます
本人確認レベル1日の出金上限額月間の出金上限額
本人確認なし20,000USDT100,000USDT
レベル11,000,000USDT上限なし
レベル22,000,000USDT上限なし

出金上限を気にせずに出金したい方は、本人確認レベルを上げましょう。

Bybitの本人確認は複数アカウントでできる?

いいえ、複数アカウントで本人確認はできません。

本人確認ができるのは1アカウントのみなので、複数アカウントを持っている場合は慎重に選びましょう。

▲目次へ戻る

【まとめ】Bybitの本人確認のやり方

今回は、Bybitの本人確認(KYC)について解説しました。

本記事の内容をまとめると、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • Bybitは本人確認なしでも利用できる
  • 利用機能を拡大したい場合は本人確認が必要
  • 本人確認は「レベル1」と「レベル2」に分かれている
  • レベル1では本人確認書類、レベル2では住所確認書類を提出する
  • 本人確認できずに原因もわからない時は、カスタマーサポートに問い合わせる

Bybitは本人確認せずに利用できますが、本人確認すると以下のようなメリットがあります。

Bybitで本人確認するメリット
  • すべてのキャンペーンに参加できる
  • アカウント復旧の可能性が上がる
  • クレジットカード決済を利用できる
  • ローンチパッドに参加できる
  • 資産運用プロダクトを利用できる

Bybitの機能を制限なく利用したい方は、本人確認を済ませましょう。

なお、本人確認するためにはBybitのアカウント登録が必須です。

下のボタンから登録すると、入金額・取引高に応じてUSDTボーナスをもらえるので、ぜひ活用してくださいね!

\今すぐUSDTボーナスをゲット!/

仮想通貨マガジンの運営会社

運営会社株式会社レビュー
代表取締役戸田悟
法人番号9180001149463(国税庁経済産業省
所在地愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
E-mailinfo@jafmate.co.jp
電話番号0566-50-2652
受付時間平日 9:00~17:00
土日祝 定休日
目次