Gate.io(ゲート)の評判と口コミを徹底調査|口コミから分かった危険性と安全性

この記事でわかること
  • Gate.ioの良い評判・悪い評判
  • Gate.ioのメリット・デメリット
  • Gate.ioがおすすめな方
  • Gate.ioの口座開設〜取引の流れ

Gate.ioは、本人確認なしで豊富な仮想通貨を取引できる仮想通貨取引所です。

ただGate.ioは海外の取引所であり、日本人が利用しにくいという評判もあるため不安に感じる方もいるのではないでしょうか?

本記事ではGate.ioの良い評判も悪い評判も紹介しますので、自分に合った取引所であるか判断ができます!

Gate.ioで豊富な種類の仮想通貨を取引したい方は、ぜひ最後までチェックしてください。

gate.io 取引所の口コミ・評判

3.9
Rated 3.9 out of 5
5つ星のうち3.9つ星(30件のレビューに基づく)
とても満足27%
満足40%
ふつう30%
不満3%
とても不満0%
スクロールできます
nei
30代 男性
仮想通貨取引の中でもかなりの数が売買できる点は良いんですが、問題は、若干ながら不親切なセキュリティ認証が問題でした。ただ、若干ながら不親切な2段階セキュリティ認証もアップデートなんかでよくなりましたし、Googleから2段階認証に対する認証のやり方などについても公開され始めると問題の解決力については中々だと思います。
かな
40代 女性
Gate.ioは中国を拠点とする仮想通貨取引所です。700種類の通貨を取り扱っており、セキュリーもしっかりしていますが、日本人には制限をかけられているサービスもあります。
たーくん
30代 男性
その他有名取引所より先行してマイナーなアルトコインが上場されることが多く、爆益を狙いやすい。またステーキングや日々のコンテストなども充実しており、使っていて飽きない。
甘ネコ
30代 男性
取扱商品が豊富で手数料も良心的。またゲートアイオーでは特定の仮想通貨を預け入れるだけで金利がもらえる「ステーキング」サービスにも注力しており、投資の幅がとても広い取引所です。テクニカルやチャート分析ツールも充実していますので効率的に資産を増やすことが可能です。
あこ
30代 女性
取り扱いアルトコインの種類が多くて、マイナーな物も購入できるのが良いし、手数料も他の取引所に比べて安めで取引しやすいです。
中国の運営会社のようですが、きちんと日本語対応しています。
みみ
30代 男性
取扱っている銘柄が豊富なところと、本人確認が不要で口座開設ができるので初心者でも利用のハードルが低いというように感じました。
ねこ
40代 男性
世界的な暗号資産取引所で、銘柄も多いです。手数料も必要となりますが僅かであり、扱っている通貨ベアもメジャーで、数も多いので幅広い取引ができます
ねお
50代 男性
他の取引所に比べて見やすく、トップ値上がり銘柄も見やすく新しい仮想通貨を探しやすいです。私は現物取引メインなのですが、売買しやすいです。
宮川
30代 女性
老舗なので安心して利用できるし、取扱銘柄が多いので良いなと感じています。特にトラブルが起きたこともないし、手数料に関しても安かったりコピートレードがあるのも魅力的で良かったです。
カサ
30代 男性
セキュリティはしっかりしてますし、手数料かからないのはいいと思います。ただズーメックスと比べると登録時のキャンペーンがあまり良くないことや、レバレッジなしなど制限があるのが少し残念です。取引銘柄が多いのはいいと思いますが初心者より中級者向けの感じが使っていてしました。
Omero
30代 男性
取引開始までのハードルが低く、メールアドレスがあればすぐに口座開設できるので気軽に取引スタート出来ました。取り扱い仮想通貨もかなり多く、選択肢が広い点も魅力です。より丁寧な日本語の対応がされれば更に使いやすくなると思いますが、現状はサポートが万全とは言えません。セキュリティーは信頼性が高いので、取引自体はスムーズかつ安心して行えます。
Tommy
30代 男性
取り扱いの通貨が非常に多いことと、かなり強いセキュリティが特徴的です。口座開設も比較的簡単なので「これから取引をはじめる」という人も使いやすいのが魅力です
ねこん
20代 男性
アジアの通貨を通じて取引を行う人に向いていると思います。取引所の規模自体は比較的小さいですが、セキュリティは十分に高く、入出金の手数料もかかりません。メールひとつで口座を簡単に作れるので、アジア関連の投資を行いたい人はぴったりかと思います。
ファン
30代 男性
あるとコインの取扱件数が多く、ここで自分の好きなものを選択しやすいという点がいいです。
本人確認も不要であり、取引も容易に行えるのでお勧めです。
かすぱん
50代 男性
セキュリティ面が強固であることが評価されているようですが、一方でユーザーからの不満も多い模様。例えば、出金手数料が高いという意見や、英語以外の言語サポートが不十分という指摘もあります。取引所の運営会社が不透明であることも問題視されています。全体的には、取引所の評判は良いとは言い難く、利用する際には注意が必要と思われます。
ひかり
30代 女性
よくも悪くも現物取引しかできないので、大きく儲けることは難しい一方で、資金以上に損はしないという安心感があり、初心者やリスクを嫌う人には向いていると思う。口座もメアドのみですぐ開設でき、入出金手数料も掛からないので、思い立ったらすぐに始められる。取扱銘柄も豊富で、セキュリティ対策もかなりしっかりされている。
チャーミー
30代 男性
取り扱い通貨が非常に多いのは魅力です。また、コールドウォレットやマルチシグ、二段階認証とセキュリティ対策がかなり充実しているので安心して使えるのも特徴です
らいさん
40代 男性
まず、日本語に対応しているので初心者でも戸惑うことがありません。また、取引通貨数も1000種類以上あるので、選択肢の幅が大きいです。新規参入の企業が多いので、大きく資産を増やすチャンスが高いです。また、レバレッジ取引は200倍まで対応しているので、少額でも夢があります。初心者でも参加しやすい取引所だと思います。
くっきぃ
30代 男性
口座開設も簡単で本人確認も必要ないのでこれから取引を始めたい人にもハードルは低いです。一方、取り扱い通貨は数百種類あるし、セキュリティもかなり強いので充実里安全性にも期待ができるのが特徴です。
nemonico25
20代 男性
全体的には何の問題もなく利用しています。
しかし、元々が海外のサイトなので英語のスキルが多少なりとも必要にはなるかなと思います。
使用した人の感想をお聞かせください

目次

Gate.ioと他取引所を比較することで分かる特徴と強み

ほかの大手仮想通貨取引所と比較し、Gate.ioの特徴と強みを解説します。

Gate.ioと他取引所の手数料比較

Gate.ioとほかの取引所の手数料を比較します。

スクロールできます
Gate.ioBinancebybitHuobiCoincheck
取引手数料
(Maker)
0.055~0.2%※0.02~0.1%※0.02〜0.1%※0~0.2%※0〜0.05%※
取引手数料
(Taker)
0.065~0.2%※0.04~0.1%※0〜0.1%※0~0.2%※0~0.1%※
入金手数料無料無料無料無料無料
出金手数料
(BTC)
0.00003〜0.001BTC0.0000049〜0.0005BTC0.0005BTC0.0005BTC0.0005BTC
出金手数料
(ETH)
0.00043〜0.0026ETH0〜0.000768ETH0.005ETH0.007ETH0.005 ETH
出金手数料
(XRP)
2.7XRP0.2〜7.53XRP0.25XRP0.1XRP0.15 XRP
※VIPランクによって割引あり

取引手数料は、どの取引所もMakerが有利に設定されています。

VIPランクが初期の場合、Gate.ioの取引手数料は0.2%であるため、ほかの取引所より高いです。

一方、出金手数料は通貨によって異なるため、比較しにくい。

イーサリアムの出金手数料はほかの取引所より安いため、イーサリアムをよく使う方は Gate.ioをおすすめします。

Gate.ioの通貨数比較【通貨ペア2,800以上】

Gate.ioとほかの取引所で取り扱っている通貨数を比較します。

スクロールできます
Gate.ioMEXCKuCoinBinancebybit
銘柄数1,500以上1,400以上700以上350以上300以上
ペア数2,800以上2,100以上1,200以上1,400以上300以上
※2022年11月時点

銘柄数と通貨ペア数は、ほかの有名な取引所よりも豊富です。

銘柄数やペア数が多いことで通貨交換の手間が減り、マイナーなアルトコインでも入手ハードルが低くなります。

アルトコインとは
ビットコイン以外の仮想通貨のこと

多くのアルトコインで投資を楽しみたい方にとって、Gate.ioは最適な取引所です。

▲目次へ戻る

Gate.ioの良い評判・口コミ

Gate.ioの良い評判を5つご紹介します。

  • アルトコインが多い
  • 本人確認が必要ない
  • 無料で仮想通貨をもらえる可能性がある【Airdrop】
  • キャンペーンが豊富
  • 17段階の手数料割引がある

1つずつ解説します。

良い評判1:アルトコインが多い

Gate.ioはアルトコインの種類が豊富な取引所です。

1,500種類以上のアルトコインを取り扱っており、その数は世界1位※を誇ります。
※2022年11月時点

取引高が世界1位であるBinanceの4倍以上も豊富な種類の通貨を扱っています。

投資の幅が広がるため、豊富なアルトコインを取引したい方はGate.ioがおすすめです。

良い評判2:本人確認が必要ない

Gate.ioでは、仮想通貨取引をスムーズに始められます

なぜなら、本人確認なしで口座を開設できるからです。

多くの仮想通貨取引所では口座開設時の本人確認で時間がかかるため、取引をスムーズに始められません。

Gate.ioは、いますぐ仮想通貨を取引したい方にはおすすめの取引所です。

本人確認についてはこちらの記事で解説しているため、詳しく知りたい方はチェックしてください。

良い評判3:無料で仮想通貨をもらえる可能性がある【Airdrop】

Gate.ioでは、スタートアップとよばれる仮想通貨のAirdropキャンペーンがあります。

Airdropとは
これからGate.ioに上場する仮想通貨を無料でもらえるキャンペーンのこと

そのため、ノーリスクで新しい仮想通貨を手に入ります。

Airdropは、以下3つのいずれかに該当すれば参加が可能です。

  • Gate.ioに登録している
  • KYC(本人認証)が完了している
  • VIP0のユーザーで500ドル相当以上の資産を保有している

未上場のコインは上場をきっかけに高騰することがある反面、下落する可能性も高いです。

Airdropでは無料で仮想通貨がもらえるため、参加すればノーリスクでリターンを狙えますよ。

良い評判4:キャンペーンが豊富

Gate.ioでは仮想通貨をお得に取引できることがあります。

その理由は、キャンペーンやイベントを頻繁に開催しているからです。

2022年11月、開催中のキャンペーン

  • 新規ユーザーの招待キャンペーン
  • 取引手数料の割引キャンペーン
  • P2P取引の参加キャンペーン

P2Pとは
ユーザー同士が仮想通貨などを直接取引する方法

イベントやキャンペーンでは仮想通貨を割引価格で取引できるだけでなく、もらうこともあります。

Gate.ioで本格的に取引をする方は、公式ホームページTwitterなどで随時キャンペーン情報をチェックしましょう。

良い評判5:17段階の手数料割引がある

Gate.ioには取引量に応じて17段階のVIP制度があり、ランクごとに取引手数料が割引されます。

例えば、VIP0とVIP16の手数料は以下のとおりです。

MakerTaker
VIP00.2%0.2%
VIP160.055%0.065%
※参考:Gate.io|取引手数料

Makerの場合は最大で0.145%Takerの場合は最大で0.135%も手数料に差があります。

何度も仮想通貨を取引する方にとって、手数料割引はお得な制度ですよね。

Gate.ioで豊富に取引をすれば割引額も大きくなるため、ランクを上げてお得に仮想通貨を楽しみましょう。

▲目次へ戻る

Gate.ioの悪い評判・口コミ

Gate.ioの悪い評判を3つご紹介します。

  1. UI(ユーザーインターフェイス)が使いづらい
  2. 中国系の運営で信頼性が低い
  3. 取引板が薄い・見せ板の可能性

それぞれ解説しますね。

悪い評判1:UI(ユーザーインターフェイス)が使いづらい

Gate.ioはUIが使いづらいという評判があります。

UIとは
ユーザーインターフェイス:取引所の見た目や使いやすさのこと

理由は、これまで日本語に対応していなかったからです。

ほかにもペア通貨の取り扱いが難しく感じる方もいるようですね。

Gate.ioは海外向けの仕様であり、使いにくさを感じる日本人もいます。

現在はアプリも公式ホームページも日本語に対応しており、日本人でも取引ができますよ。

悪い評判2:中国系の運営で信頼性が低い

Gate.ioは中国が運営している仮想通貨取引所であり、信頼性が低いといえます。

なぜなら、中国は仮想通貨取引が禁止されている国だからです。

元々、中国は仮想通貨のマイニング量が世界トップクラスであるほど盛んに取引されていました。

しかし、2021年に中国人民銀行は仮想通貨取引を全面的に禁止すると発表。

以降、中国はマイニングだけでなく、仮想通貨の取引もできない状態となりました。

運営国で仮想通貨取引が禁止されているため、信頼性が高いとはいえません。

悪い評判3:取引板が薄い・見せ板の可能性

Gate.ioは取引板が薄く、見せ板の可能性があると言われている方もいます。

不自然な取引板が見られることで、一部のユーザーからは信頼性が低いとの声も聞かれますね。

▲目次へ戻る

Gate.ioのメリット・デメリット

本章では、Gate.ioのメリットとデメリットについて解説します。

Gate.ioのメリット【7選】

Gate.ioのメリットを7つご紹介します。

  • 2013年設立で運営歴が長い
  • アルトコインが1,500種類以上・2,800通貨ペア
  • コールドウォレット採用で安全性・セキュリティの担保
  • 大手取引所よりも先に通貨が上場する
  • 17段階の手数料割引がある
  • コピートレードサービスを利用可能
  • アルトコインのステーキングが可能

それぞれ詳しく解説しますね。

2013年設立で運営歴が長い

Gate.ioは2013年に設立された中国の仮想通貨取引所です。

約9年間の運営実績により、徐々に信頼性を高めてきました。

取引高世界1位のBinanceでも2017年に設立された取引所であり、Gate.ioはそれ以上に運用歴が長いです。

Gate.ioは、長年の運営実績により信頼性を高めています。

アルトコインが1,500種類以上・2,800通貨ペア

Gate.ioはアルトコインの取り扱いが豊富な取引所です。

そのため、幅広く投資を楽しめます。

スクロールできます
Gate.ioMEXCKuCoinBinancebybit
銘柄数1,500以上1,400以上700以上350以上300以上
ペア数2,800以上2,100以上1,200以上1,400以上300以上
※2022年11月時点

アルトコインと通貨ペアの種類は、世界の取引所の中でNo. 1です。

マイナーなコインを狙っている方は、Gate.ioの利用をおすすめします。

コールドウォレット採用で安全性・セキュリティの担保

Gate.ioは高いセキュリティで安全性を確立している取引所だといえます。

なぜなら、ユーザーが預けた仮想通貨をコールドウォレットで管理しているからです。

コールドウォレットとは
インターネットと隔離されたオフライン上で仮想通貨を管理するウォレットのこと

過去に、BinanceやCoincheckがハッキング被害を受け、仮想通貨が流出する事件がありました。

大手の取引所でもネットで通貨を管理している以上、ハッカーに狙われる可能性があります。

一方オフラインで管理されるコールドウォレットの場合、ハッキングにより仮想通貨が流出するリスクが低いです。

そのため、より安全に仮想通貨を管理できます。

Gate.ioはコールドウォレットで通貨を管理しているため、セキュリティの高い仮想通貨取引所です。

大手取引所よりも先に通貨が上場する

Gate.ioでは、注目している未上場の通貨をいち早く入手できるかもしれません。

理由は、未上場の通貨がほかの大手取引所よりも早く上場するからです。

Gate.ioは世界で最も取り扱い銘柄数が豊富な取引所です。

気になるプロジェクトやNFTゲームがある方は、Gate.ioを利用すればいち早く通貨を入手できるでしょう。

17段階の手数料割引がある

Gate.ioは、頻繁に取引をする方が安い手数料で取引できます。

なぜなら、17段階のVIPランクがあり、ランクによって取引手数料が割引されるからです。

VIPランクMakerTaker
VIP00.2%0.2%
VIP10.185%0.195%
VIP20.175%0.185%
VIP30.165%0.175%
VIP40.155%0.165%
VIP50.145%0.155%
VIP60.135%0.145%
VIP70.125%0.135%
VIP80.115%0.125%
VIP90.105%0.115%
VIP100.095%0.105%
VIP110.085%0.095%
VIP120.075%0.085%
VIP130.065%0.075%
VIP140.055%0.065%
VIP150.055%0.065%
VIP160.055%0.065%
※参考:Gate.io|取引手数料

手数料が割引されることで、Makerの場合は最大で0.145%Takerの場合は最大で0.135%も差がでます。

Gate.ioを利用する方は、VIPランクを上げてお得に仮想通貨を取引しましょう。

コピートレードサービスを利用可能

Gate.ioでは、コピートレードサービスを利用できます。

コピートレードサービスとは
指定したトレーダーの売買と同じ取引を自動で行う方法、またはトレーダーに資産を預けて運用を任せる取引方法のこと

実績のあるトレーダーが運用しているため、初心者でも利益を狙いやすいです。

ただし、プロのトレーダーであっても必ず利益が出るわけではありません。

いかなる場合でも投資は損失のリスクがあることを理解し、余剰資金で楽しみましょう。

アルトコインのステーキングが可能

Gate.ioは、売買以外でも利益を狙える仮想通貨取引所です。

理由は、取り扱っているアルトコインをステーキングできるからです。

ステーキングとは
対象となる仮想通貨を保有してブロックチェーンに参加し、報酬として仮想通貨をもらう方法のこと

Gate.ioでステーキングができる通貨は豊富で、イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)テザー(USDT)などマイナーな通貨も多く取り扱っています。

長期的にたくさんの通貨を運用したい方は、Gate.ioのステーキングで資産を増やしましょう。

Gate.ioのデメリット【4選】

続いて、Gate.ioのデメリットを4つご紹介します。

  • 日本居住者はデリバティブ取引が利用不可
  • 取引手数料が0.2%と割高
  • 運営元の詳細情報が未記載
  • 日本語が一部おかしいところがある

それぞれ解説しますね。

日本居住者はデリバティブ取引が利用不可

日本居住者の場合、Gate.ioではデリバティブ取引ができません。

デリバティブ取引とは
将来の「日時」「価格」「数量」を事前に決めて仮想通貨の取引を行う方法のこと

日本居住者は取引方法が現物取引に限定されているからです。

ほかにもアメリカとカナダを含む合計3カ国で取引方法に制限があり、デリバティブ取引やレバレッジ取引ができません。

Gate.ioはデリバティブ取引をしたい方に不向きな取引所だといえます。

取引手数料が0.2%と割高

Gate.ioはほかの海外取引所と比較して、取引手数料が割高です。

スクロールできます
Gate.ioBinancebybit
取引手数料
(Maker)
0.055~0.2%※0.02~0.1%※0.02〜0.1%※
取引手数料
(Taker)
0.065~0.2%※0.04~0.1%※0〜0.1%※
※VIPランクによって割引あり

ランク割引がない状態であれば、取引手数料が0.2%(Maker、Taker)と割高です。

手数料の低い方が利益を得やすいため、取引手数料の高さはデメリットですね。

運営元の詳細情報が未記載

Gate.ioは中国で設立された仮想通貨取引所ですが、公式サイトでは運営元の詳細情報が未記載です。

そのため、信頼性に欠けるでしょう。

ただ、設立以降の約9年間の運用に加え、1,000万人を超えるユーザー数がいることからGate.ioは実績のある取引所だといえます。

日本語が一部おかしいところがある

Gate.ioは日本語表記が一部おかしいところがあります。

その理由は、中国発祥の海外向け取引所であるからです

過去には、アプリやサイトで中国語と日本語が混じった表記が見られました。

現在、Gate.ioの日本語表記は徐々に修正されており、ほとんど表記ミスはありません。

日本人でも問題なく利用できますよ。

▲目次へ戻る

Gate.io 評判の良かった点|豊富なサービス

Gate.ioの評判の良い点として、4つのサービスが挙げられます。

  • スタートアップ・IEO
  • 資産運用サービス
  • グリッドコピー取引・コピートレード
  • NFTマーケットプレイス

順番に解説します。

スタートアップ・IEO

Gate.ioのスタートアップとは、仮想通貨を割引価格で購入または無料でもらえるキャンペーンのことです。

アルトコインは価格が大きく高騰しやすい反面、大暴落のリスクも高いです。

スタートアップでは無料または格安でアルトコインが手に入るので、ローリスクでリターンを狙えます。

一方、IEO(Initial Exchange Offering)とは、開発中のプロジェクトで発行するトークンをGate.ioで販売し、投資家に購入してもらうことで資金を調達する仕組みのことです。

資金調達でトークンを発行するプロジェクトが多いため、先行投資で利益を狙えますよ。

資産運用サービス

Gate.ioでは、仮想通貨をステーキングすることで資産運用が可能です。

仮想通貨を売買しなくても、ステーキングで運用すれば利息の仮想通貨がもらえます。

Gate.ioでステーキングが可能な通貨は豊富であり、マイナーな通貨も多く取り扱っています。

通貨を長期間保有する予定の方は、ステーキングで資産運用を検討してみましょう。

グリッドコピー取引・コピートレード

グリッドコピー取引・コピートレードとは、指定したトレーダーの売買と同じ取引を自動で行う方法、またはトレーダーに資産を預けて運用を任せる取引方法のことです。

Gate.ioでは自動でプロのトレーダーに運用してもらえるため、だれでも仮想通貨取引で利益を狙えます。

注意すべき点は、プロのトレーダーでも損失リスクがあることです。

仮想通貨に限らず、投資は必ず余剰資金で行いましょう。

NFTマーケットプレイス

Gate.ioは、NFTマーケットプレイスを運用しています。

NFTとは
換えが効かない唯一無二のデジタルデータのこと

日本人をモデルにしたNFTを独占販売するなど、日本人を対象としたNFTも出品されています。

大手マーケットプレイスのOpenSeaは日本語操作ができませんが、Gate.ioのマーケットプレイスは日本語でも操作ができます。

日本人にとって使いやすいプラットフォームですね。

気になる方は、こちらからホームページをチェックしましょう。

▲目次へ戻る

Gate.ioがおすすめな人

Gate.ioは、このような方におすすめの取引所です。

  • アルトコインを取引したい人
  • 便利なサービスを上手く利用したい人
  • AirDropで新たな仮想通貨が欲しい人

それぞれ解説します。

アルトコインを取引したい人

Gate.ioは、取引できるアルトコインの種類が世界1位を誇る仮想通貨取引所です。

そのため、たくさんのアルトコインを取引したい方は、Gate.ioの検討をおすすめします。

便利なサービスを上手く利用したい人

取引で便利なサービスを活用したい方は、Gate.ioの利用を検討しましょう。

Gate.ioには評判の良い便利なサービスが豊富だからです。

  • スタートアップ・IEO(仮想通貨を割引価格で買う、もらう)
  • 資産運用サービス(ステーキング)
  • グリッドコピー取引・コピートレード(プロのトレーダーに運用してもらう)
  • NFTマーケットプレイス(NFTを取引する)

まだ仮想通貨取引に慣れていない方でも、利益を狙いやすいサービスがあります。

便利なサービスを利用したい方は、ぜひGate.ioの利用を検討しましょう。

AirDropで新たな仮想通貨が欲しい人

AirDropで新しい仮想通貨が欲しい人は、Gate.ioの利用をおすすめします。

Gate.ioのスタートアップキャンペーンで、上場前の仮想通貨をAirDropできるからです。

https://twitter.com/okurinecoPay/status/1563754713849692160?s=20&t=quFZjQeg9VObcS4wf8WEwA

実際に、スタートアップで仮想通貨をAirDropした方もいるようです。

AirDropやスタートアップの開催については公式ホームページTwitterで発信されているため、気になる方はチェックしておきましょう。

▲目次へ戻る

Gate.ioがおすすめではない人

Gate.ioは、このような方にはおすすめしません。

  • デリバティブ取引をしたい人
  • 海外取引所を使うのが不安な人

1つずつ解説しますね。

デリバティブ取引をしたい人

デリバティブ取引をしたい人は、Gate.ioの利用をおすすめできません。

日本人が利用できる取引方法は、現物取引のみだからです。

デリバティブ取引やレバレッジ取引など、現物取引以外を楽しみたい方はGate.io以外の取引所を利用しましょう。

海外取引所を使うのが不安な人

海外取引所を使うのが不安な方は、Gate.ioの利用をおすすめできません。

なぜなら、海外取引所の中でもとくに海外向けの機能が多い取引所だからです。

  • 日本円を利用できない
  • 日本ではなく海外で管理されている
  • 日本人が利用できる取引方法は「現物取引」のみ

仮想通貨取引に慣れていない方は、まず国内の取引所を利用しましょう。

海外取引所に慣れていない方は、世界1位の取引高を誇るバイナンス(Binance)を検討しても良いかもしれません。

▲目次へ戻る

Gate.ioの口座開設~取引を始めるまでの流れ

Gate.ioで口座開設し、実際に取引を行うまでの流れは以下の通りです。

  1. 口座開設(アカウント作成)
  2. メール又は電話番号認証
  3. 二段階認証の設定
  4. 仮想通貨入金

手順に沿って解説します。

STEP1:口座開設(アカウント作成)

まずはGate.ioのアカウントを作成し、口座開設をしましょう。

口座開設は本人確認なしで可能です。

Gate.ioの公式サイトにアクセスし、右上の「登録」をクリックします。

続いて、基本情報を入力します。

  • 国 / 地域
  • メールアドレスまたは電話番号
  • パスワード(8文字以上)
  • 紹介者ID(持っている方のみ)

上記を入力したら、規約の同意にチェックを入れ「登録」をクリックしましょう。

STEP2:メール又は電話番号認証

公式ホームページでの入力が完了すると、登録したメールアドレスまたは電話番号のSMS宛にGate.ioからメッセージが送られます。

受信したメッセージ内のURLをクリックし、登録したメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

STEP3:二段階認証の設定

ログインすると、Gate.ioからメールが送られます。

メールに記載されている6桁のコードを入力すれば、二段階認証が完了です。

STEP4:仮想通貨入金

口座を開設したら、取引に必要な資金を準備しましょう。

Gate.ioは日本円を入金できないため、国内の取引所から仮想通貨を送金します。

Gate.ioに仮想通貨を入金する手順は、次の通りです。

  1. 国内取引所の口座開設
  2. 国内取引所に日本円を入金し、仮想通貨を購入
  3. 国内取引所で購入した仮想通貨をGate.ioに送金
  4. Gate.ioに入金した仮想通貨で、希望の通貨を購入(通貨交換)

さらに、仮想通貨は送金の際に手数料がかかるため、以下3つの条件を満たした通貨を選びましょう。

  • 送金手数料が安い通貨か?
  • Gate.ioで取り扱っている通貨か?
  • 目的の通貨をGate.ioで通貨交換できるか?

できるだけ手数料を安くし、利益を減らさないようにしましょう。

▲目次へ戻る

【Q&A】Gate.ioの評判と口コミに関するよくある質問と回答

Gate.ioの評判と口コミに関するよくある質問に回答します。

Gate.ioの良い評判・口コミは?

Gate.ioには、主に以下のような良い評判・口コミがあります。

  • アルトコインが多い
  • 本人確認が必要ない
  • 無料で仮想通貨をもらえる可能性がある【Airdrop】
  • キャンペーンが豊富
  • 17段階の手数料割引がある
Gate.ioは日本人でも登録できる?

Gate.ioは、日本人でも登録ができます。

しかし、取引方法は「現物取引」のみに限定されています。

デリバティブ取引やレバレッジ取引は利用できないため、その点を理解したうえで利用しましょう。

Gate.ioの悪い評判・口コミは?

Gate.ioには、主に以下のような悪い評判・口コミがあります。

  • UI(ユーザーインターフェイス)が使いづらい
  • 中国系の運営で信頼性が低い
  • 取引板が薄い|見せ板の可能性
Gate.ioに出金制限はある?

Gate.ioでは本人確認の状況によって、仮想通貨の出金制限が設けられています。

前章「Gate.ioで本人確認は必要ですか?」の表をご覧ください。

Gate.ioを使えない国はある?

Gate.ioを使えない国は、公表されていません。

  • アメリカ
  • カナダ
  • 日本

上記3カ国に関しては、取引方法が現物取引のみに制限されています。

日本でも問題なく利用できるため、安心して登録してください。

Gate.ioで入金できる通貨は何?

Gate.ioではほかの仮想通貨を入金し、通貨交換によって取引します。

Gate.ioは1,500種類以上の仮想通貨を取り扱っているため、入金できる通貨の種類も豊富です。

日本円を入金できないため、まずは国内の仮想通貨取引所でGate.ioに入金できる通貨を購入しましょう。

▲目次へ戻る

【まとめ】Gate.ioはユーザー数1,000万人超えで安全性も高い取引所!

本記事では、Gate.ioの評判について解説しました。

Gate.ioは豊富な種類のアルトコインを、本人確認不要で取引できる仮想通貨取引所です。

さらに、VIP制度による手数料割引AirDropで仮想通貨がもらえるなどのキャンペーンが豊富であり、評価は高いといえます。

取引画面の見にくさや運営元がはっきりしないといったデメリットがありますが、それでも利用ユーザー数が1,000万人を超えるほどの運営実績がある取引所です。

Gate.ioは本人確認なしで口座を開設できるため、気になる方はさっそくアカウントを作成し、豊富なアルトコインを取引しましょう。

仮想通貨マガジンの運営会社

運営会社株式会社レビュー
代表取締役戸田悟
法人番号9180001149463(国税庁経済産業省
所在地愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
E-mailinfo@jafmate.co.jp
電話番号0566-50-2652
受付時間平日 9:00~17:00
土日祝 定休日
目次