【レビュー】生産終了?後継機は?ゼンハイザー GSP600の使い方から評判まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

快適なゲーム環境を楽しみたい


ゼンハイザー GSP600はこんな悩みを解決してくれるゲーミングヘッドセットです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・高音質が体感できる
・ミュート機能が楽に使える
・長時間のゲームでも疲れない
・本格的なプロゲーマー向け
・軽い
・周りの音を完全にシャットアウト
・価格もお手頃



ゼンハイザーGSP600は高音質に定評のあるゲーミングヘッドです。


価格が1万円代ながら、クリアなマイクや音質・密閉型のヘッドフォンなどゲーム環境を快適にしてくれます。


インフルエンサーやYouTuberがGSP600を紹介して話題になっています。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、GSP600をご紹介していきます!

GSP600|仕様と特徴

外部音をシャットダウンできる密閉型

公式サイトより引用

GSP600は密閉型のヘッドフォンです。

厚みのあるヘッドフォンに調節可能なヘッドバンドで、外部音を完全にシャットアウト。

長時間のゲームでも快適に使用できます。

クリアな高音質

ゼンハイザーは音響会社であるだけに、GSP600は臨場感ある音質や正確なサウンドと高音質にこだわっています。

ゲーム中の足音や雑音のきこえてくる方向や自分との距離感がわかるなど、ゲーム中の優位性を高めることも。

クリアな音質を体感することができます。

フレキシブルブームアームマイク

公式サイトより引用

GSP600のマイクは上がればミュート、下げればオンマイクと簡単操作が特徴です。

マイクの位置も自然と口元にいくように設計されています。

GSP600のマイクはどんな音でもクリアに聴こえる、ハイスペックのマイクです。

ボリュームコントロール

公式サイトより引用

GSP600には右側のイヤーカップについた音量ホイールで簡単に音量調節できます。

GSP600のヘッド部分は金属製の頑丈なヒンジを採用し、抜群の耐久性を実現。

ブラックにアクセントのレッドカラーもシンプルでかっこいいデザインです。

ケーブルが付属

「eイヤホンのブログ」より引用

GSP600には2種類のケーブルが付属されています。

1本はゲーム用、もう1本はPC用で差し込むだけの簡単接続です。

ゲームは以下のプラットホームに対応しています。

【マルチプラットフォーム対応】
Windows、PS4®、PS5®、Xbox Series X、Xbox One、Nintendo Switch、Mac®

さぶろぐ
さぶろぐ

どんなゲームにも対応

GSP600|口コミと評判

良い口コミ・評判

これまでは2,3000円のヘッドホンをつかってfpsゲームをしており、それでもある程度足音は分かりましたがこのヘッドホンの音はより音の強弱を強調しているように感じます。
距離感や方向がとてもわかりやすくなりました。

Yahoo!ショッピングより引用

PS4で使用してます。
やはり6,000円前後の安価な物とは比べ物になりません。
こんな音してたのか~と驚かされます。
VCも問題なく会話ができます。
フィット感は良すぎるが上、長時間つかうと締め付け感が耳に残りましたが、痛いほどではありません。
適度にプレイされる方は問題ないかと。
満足の買い物でした。

Yahoo!ショッピングより引用

音質が今まで使っていたヘッドセットと比べものにならないくらい良いです。
fpsで使っていますが音のする方向が明確にわかるようになりました。
またボイスチャットをするときマイクのオンオフが簡単にできるところも良い点です。

Yahoo!ショッピングより引用

GSP600の良い口コミや評判を見てみると、音質の良さ、マイクのオンオフ機能が楽といった意見が多かったです。


音響メーカーであるゼイハイザーだけに、高低音がかなりクリアに聞こえます。


また、マイクを上下するだけでオンオフできる機能は便利だと好評です。

さぶろぐ
さぶろぐ

音質は重要


悪い口コミ・評判

残念な部分がヘッドセット上部の頭に密着する所のクッションが酷すぎる。
すぐに痛くなってきて最安ヘッドセットのクッションかなってぐらいにしょぼすぎます。

もう少し値段に相応しいものを採用してくれないと次の買い替えでは選択肢から外してしまうほどに不満でした。

価格ドットコムより引用

イヤーパットは少し固めで、耳全体を包み込むような形状をしているもののサイズ感が小さく、上部に側圧を調整するところはあるものの圧迫感がかなり強く、時々ヘッドセットを外し、休憩をする必要がある。

価格ドットコムより引用

GSP600の悪い口コミや評判を見てみると、イヤーパットのクッションが劣化しやすい、人によってはヘットフォンが窮屈に感じるなどの意見がありました。


イヤーパットの劣化については、メーカーによる説明がないので詳しい原因は分かりません。


GSP600は密閉型で締め付けが強い分、頭部のサイズによって窮屈さを感じやすいようです。

さぶろぐ
さぶろぐ

交換用イヤーパット販売中


GSP600|レビュー

音質

良い口コミ

どこから出ている音なのか方向が分かる
音が明確、金属音や銃の音などが明確

悪い口コミ

ありませんでした

重さ

良い口コミ

ゼンハイザーGPS600の重さは395gですが、重さをあまり感じることはありません。

悪い口コミ

つけていると重さを感じる

フィット感

良い口コミ

密閉型で装着感がよい、装着部分も柔らかい

悪い口コミ

人によって(特に頭が大きめの方)は締め付けが強い分、窮屈に感じることがある

足音の聞こえ具合

良い口コミ

足音の聞こえる方向・距離感が分かる

マイク性能

良い口コミ

どんな声でも聴きとりやすい、クリア
マイクの上下は便利

悪い口コミ

余計な音が入りやすい
ノイズキャンセリングが弱い

GSP600|使い方

PS4での接続方法

【PS4】コントローラーにイヤホンを挿して音響環境を整える方法より引用

GSP600とPS4コントローラーを接続します。

GSP600にはケーブルが2本付属されており、使用するのは先端がL字型のケー

ブル。

ケーブルを、GSP600のマイク端子とPS4コントローラーのイヤホン端子に差します。

PS4の端子側は かなり奥まで差し込みましょう。

switchでの接続方法

GSP600のプラグをswitchのジャックに差して接続します。

switchの接続もPS4と同じ接続方法になります。

PCでの接続方法

GSP600のPC用ケーブルはヘッドフォン出力側が「黄緑」、マイク入力側が「桃」と色分けされています。

1.PCのヘッドフォンに接続

2.タスクバーの「スピーカーアイコン」を右クリックし、サウンド設定をクリック
3.「サウンドの設定」や「コントロールパネル」から「再生」を選択
4.「ヘッドフォン」を右クリックし、既定のデバイスに設定します

5.PCのマイクに接続
「システムツール」から「コントロールパネル」を選択
6.「ハードウェアとサウンド」の「サウンド」をクリック
7.「サウンド」画面の「録音」をクリック
✅があれば、接続されています

ApexやフォートナイトのFPSゲームにおすすめの設定

GSP600のおすすめのイコライザ(音質)設定です。

・PUBGの足音:31~500hz
・PUBGの環境音:125~500hz

・Apex Legendsの足音:62~4khz
・Apex Legendsの環境音:低め

・Valorant/CS:GOの足音:62~250hz
・Valorant/CS:GOの環境音:250hzより低め

音が出ない場合

GSP600の音が出ない場合は以下の方法で確認します。

・ホーム画面→設定→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「ヘッドホンへの出力」→「すべての音声」にすることで変更で聞こえるようになります。(PS4の場合)

・端子がしっかり差し込まれていない→しっかり差し込みます

・音量が小さくなっている→ボリュームを上げる

・ミュートになっている→ミュート解除

マイクが反応しない場合

 GSP600のマイクが反応しない場合、以下の方法で確認してください。

・マイクのデバイスが無効になっている→「サウンド」の「マイク」機能を有効にする

・ケーブルプラグの差し込みが足りない
→ヘッドホンマークが付いている側のプラグを本体に強く差し込みます。
(かなり奥まで差し込む必要があります)


・ボリュームコントローラーが消音設定→音量を上げてください。


・接続する器機が3極プラグ対応
→別売ケーブルを使って3極プラグに変換してください。

GSP600|よくある疑問

生産終了?後継機は?

GSP600は社名と価格を変えて、新たに販売されています。

2021年7月から社名がゼンハイザーからEPOSゼイハイザーへ、価格も28,800円から19,800円へと変更しています。

メガネを付けたまま装着できる?

GSP600はメガネをかけたまま使用される方もいますが、大半の方はメガネ使用は窮屈に感じるようです。

アームがきつめなので、メガネをはずしての使用をおすすめします。

別売りのイヤーパッドはある?

GSP600では別売りのイヤーパットを販売していますので、以下でチェックしてください。

販売店はどこ?最安値は?

Amazon購入が比較的安く手に入るので、おすすめです。

GSP600|メリットとデメリット

高音質のGSP600ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・ヘッドフォンが蒸れやすい
・マイクスポンジがない
・頭が大きめの方には窮屈

メリット
・ 高音質が体感できる
・ミュート機能が楽に使える
・ 長時間のゲームでも疲れない
・本格的なプロゲーマー向け
・軽い
・周りの音を完全にシャットアウト
・価格がお手頃

さぶろぐ
さぶろぐ

手頃な値段でハイスペック


GSP600|安く買うには?

Amazonでの買い物は、チャージタイプのギフト券を購入するのが1番お得です。

普段からAmazonで買い物をする方はギフト券のチャージを是非試してみてください。

\ 1番お得な支払方法 /

Amazonギフト券をチャージする
さぶろぐ
さぶろぐ

GSP600|まとめ

専らゲームにしか使用していませんが、索敵が必要なゲームにおいて相手が上下、東西南北どこにいるかは非常に重要。


GSP600は他のヘッドセットとは一線を画して把握しやすくなりました。


デットバイデイライトであれば、全滅率、生存率共に上昇しています。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・音質重視の方
・密閉型イヤホンを欲しい方
・コスパ重視の方
・位置索敵を必要とするゲーマー
・チャット機能のゲームをする方


本日ご紹介したGSP600

高音質のヘッドフォンに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【口コミ】充電時間は?arctis 7pの接続方法から評判まで徹底解説!! 【口コミ】バッテリー交換は?astro a50の接続方法から評判まで徹底解説!! 【口コミ】遅延がある?arctis pro wirelessの接続方法から評判まで徹底解説!! 【レビュー】違いは? Razer Kraken Ultimateの使い方から評判までチェック!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)