【2024年1月】ヤマハのおすすめのサウンドバー10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない…..。


この記事ではヤマハのおすすめのサウンドバーをご紹介していきます。


▼ヤマハのおすすめのサウンドバー10選

さぶろぐ
さぶろぐ

YAS-109
YAS-209(B)
YAS-108(B)
SR-B20A-B
SR-C20A
SRT-700 7.1ch
YSP-1600
YAS-207(B)
YSP-2200B
YSP-800(S)

ヤマハのおすすめのサウンドバーで、自宅でも高音質でリアルなサウンドを楽しむ事が出来ます。

テレビから出力される音響では、物足りないという場合にはサウンドバーの設置により、高音質で迫力のある音響になります。

音響にこだわりたい人にはおすすめです。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは、ヤマハのおすすめのサウンドバーの選び方を見ていきましょう!!

ヤマハのおすすめのサウンドバー|選び方

全長で選ぶ

サウンドバーを選ぶのに大切なのは、サウンドバーの長さです。

サウンドバーが長過ぎると、テレビ台に収まらない可能性があります。

実際に使っているテレビやテレビ台のサイズをチェックしたうえで、サウンドバーを選ぶ事が必要です。

テレビやテレビ台に合わせて選ぶと安心して設置出来ます。

音質で選ぶ

サウンドバーには、高音質対応のタイプが存在します。

高音質となるハイレゾ音源に対応しているサウンドバーなら、さらに高い音質で音響を出力する事が可能です。

ハイレゾ音源対応のサウンドバーは、コストはやや高くなるものの、音質にこだわりを持ちたい人にはおすすめと言えます。

接続方法で選ぶ

サウンドバーを設置して接続する方法で選ぶ事がポイントです。

Bluetooth接続に対応しているタイプですと、接続が簡単で非常に利便性が良いです。

Bluetooth機能で、手軽に接続が出来るタイプのサウンドバーを選ぶと良いです。

Bluetooth機能の有無チェックがポイントです。

価格で決める

ヤマハのおすすめサウンドバーですが、価格帯で決める事もポイントです。

あらかじめサウンドバーの購入費用に対して上限コストを決めておくと、予算の範囲内で選ぶ事が出来ます。

性能や音質が高いサウンドバーですと、当然価格も上がる傾向ですので、性能とコストを比較しながらの選定が必要です。

幅で選ぶ

ヤマハのおすすめサウンドバーで、幅が薄くスリムなタイプを選ぶとスペース効率も良くなります。

サウンドバー本体の幅が薄いと、すっきりと見えますしスペースの悩みも解消出来ます。

幅が薄くスリムでコンパクトなサウンドバーがおすすめです。

外観も綺麗に見えてより良いと言えます。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、ヤマハのおすすめのサウンドバーのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

ヤマハのおすすめのサウンドバー|メリットとデメリット

ヤマハのおすすめのサウンドバーのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・スリムで設置場所に困らない
・軽い
・高音質
・リアルなサウンド

デメリット

・価格が高い
・サウンドバーが長い
・設置が面倒
・音が漏れる

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、ヤマハのおすすめのサウンドバーと選び方を紹介していきます!!

ヤマハのおすすめのサウンドバー|『さぶろぐ』のイチオシ

ヤマハ サウンドバー YAS-109

ヤマハ サウンドバー YAS-109は、バーチャル3Dサラウンド技術DTS Virtual:Xに対応し、前後左右方向から音を楽しむことができるサウンドバーです。

スピーカーが無いところからも音が聞こえているような感覚で、包まれるような音の広がりによって、映像・音楽の世界へ集中して没頭することができます。

豊かな低音やクリアな高音で様々なデバイスを楽しめます。

【YAS-109 レビュー】手軽にホームシアター!?ヤマハのサウンドバー

YAS-109 レビュー 【YAS-109 レビュー】手軽にホームシアター!?ヤマハのサウンドバー

ヤマハのおすすめのサウンドバー|人気のおすすめ商品比較

ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual YAS-209(B)

ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual YAS-209(B)は、5種類のサラウンドプログラム再生に対応しコンテンツに合わせた3Dの音場を再現してくれるサウンドバーです。

人の声をはっきり・クリアで聴きやすくするクリアボイス、低音を増強するバスエクステンションを搭載しています。

前後左右・上からと音に包まれるような3Dサラウンドを体験でき映像と音声の一体感に優れた空間を提供してくれます。

【レビュー】臨場感バツグン!!YAS207の評判から使い方まで徹底解説!!

【レビュー】臨場感バツグン!!YAS207の評判から使い方まで徹底解説!!

ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応 YAS-108(B)

ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応 YAS-108(B)は、高さ53cmのスリムで小型サイズのサウンドバーです。

タッチセンサーを採用したボタンは、触れるだけで簡単に操作を行うことができ、お子様による誤操作を防ぐチャイルドロックも搭載しています。

前後左右・上方向とバーチャル3Dサラウンドによって、映像と音声との一体感をより強く感じることができます。

【型落ちで安い!!】映画やゲームがもっと楽しくなるサウンドバー YAS-108をレビュー

YAS-108をレビュー 【型落ちで安い!!】映画やゲームがもっと楽しくなるサウンドバー YAS-108をレビュー

ヤマハ サウンドバーYAMAHA SR-B20A-B

ヤマハ(YAMAHA)
¥19,800 (2024/04/18 08:35:46時点 Amazon調べ-詳細)

あらゆる方向から鮮やかなサウンドを実現できるサウンドバーです。

内蔵のサブウーファーによる豊かな低音、声を際立たせるクリアボイス、音楽、映画などのために特別にチューニングした4つのサウンドモードによって、様々な音を心地よく聴くことができます。

Bluetooth接続に対応なのでホームスピーカーとしても楽しめます。

ヤマハ コンパクトサウンドバー SR-C20A

横幅60cmの小型サイズながらサイズを超えた迫力ある臨場感が楽しめるサウンドバーです。

GAMEモードを搭載し、迫力ある爆発音や、背後から忍び寄る足音まで、豊かな臨場感で迫力いっぱいに楽しむことができます。

PCモニターや小型テレビにもすっぽり収まるほどスリムなので、寝室など部屋にも設置することが可能です。

ヤマハ フロントサラウンドシステム SRT-700 7.1ch ボード・ステージ型

7.1chサラウンドによって映画館やホールで楽しんでいるかのような感覚を味わえるサウンドバーです。

ヤマハ独自技術により後方にもスピーカーを設置しているかのような音場を再現し、豊かな重低音再生を行えます。

4cm×10cm口径スピーカーは、伸びのある爽やかな高域とはっきり・クリアな中域による抜けの良い音質を提供します。

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600

8.5cm口径サブウーファーを左右1個ずつ搭載したサウンドバーです。

ボディのフロント中央には2.8cm口径のビームスピーカーを8個搭載し、クリアではっきりとした高音質なサウンドを提供してくれます。

無線でのネットワーク音源の再生に対応し、音声の配信・共有・リンク再生を行うことができます。

ヤマハ フロントサラウンドシステム ブラック YAS-207(B)

4.6cm口径の内蔵ウーファー2個と2.5cmツイーター1個搭載したサウンドバーです。

大口径16cmのワイヤレスサブウーファーに実用最大出力計200Wのハイパワーアンプを内蔵し、豊かで広がりのある低音と、クリアな中高音による臨場感のあるサラウンドをサウンドを提供してくれます。

YAMAHA デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200B

テレビの画面をさえぎることなくセットすることができ、設置性を追求したサウンドバーです。

脚部の高さや脚の取り外しができ、様々なテレビに設置ができるのでスピーカーの置き場所にこまる心配はありません。

16個の高音質スピーカーを内蔵し高音質な7.1ch再生に対応しているので、臨場感あふれる豊かなサウンドを楽しむことができます。

ヤマハ デジタルサウンドプロジェクター シルバー YSP-800(S)

ヤマハ独自技術の音のビーム化と反射を利用した技術によって、リアル5.1chサラウンド再生を実現しているサウンドバーです。

幅80cm、高さ15.3cmと小型サイズで、様々なラックに設置できます。

10cmコーン型ウーファーを2個、4chビーム型スピーカーを21個搭載し、音にこだわりがある方も満足できる1台です。

ヤマハのおすすめのサウンドバー|まとめ

ヤマハのおすすめサウンドバーで、ハイレゾ音源対応のような高音質タイプで、リアルで臨場感のある音響を楽しめます。

【レビュー】臨場感バツグン!!YAS207の評判から使い方まで徹底解説!! 【口コミ評判】地上波は非対応??高音質なサウンドバー sonos arcをレビュー!! 【レビュー】音飛びする!?気になる音質は!?ht x8500の評判をチェック!! BOSE TV Speaker レビュー 【BOSE TV Speaker レビュー】声が抜群に聞き取りやすくなる!口コミや評判を徹底解説!